ベテランならリーチフォークリフト!初心者ならカウンターフォークリフト!!

ベテランに指導を仰ごう

どんな乗り物でもそうですがフォークリフトの運転も同じくどんな経験をしたかによって技術の身に付き方も違います。あらゆる経験があるからこそ様々な状況に応じた運転技術を持っていると言えるでしょう。資格があるなら即乗れるというのは間違いで資格があってもレイアウトを確認したり路面が安全がどうかなどの注意が出来なければフォークリフト乗ることは控えた方がいいでしょう。フォークリフトは普通自動車とは違い重い荷物を持ち上げて移動させるという特殊な作業を行うマシンです。ベテランの指導を受けながら焦らないで少しずつ運転技術を磨いていきましょう。

フォークリフトを扱う上での注意

フォークリフトを使用している現場で多いのは物流倉庫です。一般的な倉庫ではカウンターフォークリフトとリーチフォークが主に使用されていますが、フォークリフトの資格摂取間もないリフトマンはカウンターフォークリフトで練習を重ねつつ、徐々にリーチフォークへ移行してゆくと良いでしょう。カウンターフォークは車型のフォークリフトで走行する際の安定感が良いのですが小回りが利きません。小回りの利くリーチフォークは転倒事故が多いためベテランのリフトマンでも注意が必要です。

現場で鍛えることが一番!!

座学も必要ですが現場ではあらゆる状況に直面することで状況に応じた運転技術が身に付きます。荷物を運んだり動かすだけでなく仮置きが必要であればスペースを作り出すために瞬時に置き場を考えレイアウト構成を見直さなければなりません。運転技術に余裕がなければこれらのことを瞬間的にイメージすることは不可能です。頭で考えイメージ通りに配列してゆくためにも卓越したフォークリフト技術を学ぶ必要があるでしょう。現場で鍛えた力には勝るものはありません。

フォークリフトとは1920年代にアメリカ開発された動力を用いて荷物を持ち上げたり積み上げたりする特殊な車です